最前線で活躍するためのビジネスマインド

最前線で活躍するため

ストレスを上手にコントロールし、良好な人間関係を保ちつつ仕事をして行く、そのようなビジネスマインドが必要とされています。

 

ストレスを上手にコントロール

自分自身をよく知ることから始めることができます。

 

人間関係を良好なものにしておくことは大切

自分自身で全て抱え込んでいる状況では、なかなか良い仕事はできないからです。

 

 

 

ビジネスの最前線で活躍するためには、質の高いビジネスマインドが必要です。質の高いビジネスマインドと言っても、必ずしも、鋼のように強健なマインドが求められているわけではありません。むしろ、最前線で活躍するためには、ストレスを上手にコントロールし、良好な人間関係を保ちつつ仕事をして行く、そのようなビジネスマインドが必要とされています。

 

はじめに、ストレスを上手にコントロールするために、自分自身をよく知ることから始めることができます。自分自身を知るために何ができるでしょうか。

 

例えば、毎日、自分の感情を正直にノートに記録してみるという方法があります。1日の中で、腹立たしく思ったことと、嬉しかったこととを正直に記録するという方法です。例えば、上司にこんなことを言われて腹立たしかったとか、取引先の社長からこんなお褒めの言葉をいただき嬉しかったとか、脚色することなく記録して行きます。そして、記録がたまってきたら、しばしばその記録を振り返るようにしてみるのです。

 

そうすると、自分の感情の揺れ動きについて把握できるようになります。そして、自分はこんな時にこんな風に反応するのだという傾向を把握できるだけでなく、客観的に自分の気持ちを見ることができるようになるのです。以前でしたらすぐに腹を立てていたような出来事も、さほど気にならなくなります。自らの感情の揺れ動きをコントロールしやすくなります。

 

さらに、最前線で活躍をして行くためには人間関係を良好なものにしておくことは大切です。なぜなら、自分自身で全て抱え込んでいる状況では、なかなか良い仕事はできないからです。

 

最前線で活躍するには、上手に人を使う、勇気を持って、必要な点はお願いできる人でなければなりません。普段から良好な人間関係を保っていれば、お願いするのは容易であると言えるでしょう。最前線で活躍する人は、他の人にお願いできるメンタルの強さを持つことも必要です。

 

このように、上手に心理マネジメントに努めて行くなら人間力が発揮されます。その人間力は人間関係を良好なものにして行きます。良好な人間関係を保つことで仕事は効率化し、キャリアアップへとつながって行くことでしょう。

 

精神的な強さで仕事の成果もアップ

仕事の成果をアップ

他の人にお願いできるメンタルの強さが必要なのです。

 

自分だけでは仕事を進めることはできない

周りと協力して仕事をしているという意識を忘れないようにしましょう。

 

他者の仕事を積極的にサポート

時には自らも雑用をこなしたり、他者の仕事を積極的にサポートしてあげましょう。

 

仕事の成果をアップさせて行くためには、精神的な強さが必要です。上述の通り、他の人にお願いできるメンタルの強さが必要なのです。この点、メンタルが弱い人というのは、必ずしも能力がなかったり、仕事ができない人ではないようです。

 

どちらかと言うと、スキルが高く真面目な人が多いのかもしれません。それなのに、責任感がやたらに強すぎて、絶対自分がやらなければとか、どんな状況でも決して逃げては行けないなどと考えすぎて、無理が続き、心身共に崩れてしまうのです。仕事に真面目に取り組むことは決して悪いことではありません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。
自分は楽しんで仕事ができていないなとか、メンタル面で落ち込んでいるなと思った時にはふと立ち止まって、このまま続けて行くとこの先には何が待っているのだろうと考えてみるのは良いことです。おそらく、ただ真面目に仕事に取り組むだけでは駄目だ、ひと工夫必要だということに気づかれることでしょう。

 

何でも自分で抱え込むのではなく、へりくだって他の人にお願いをする精神的な強さを持ちましょう。自分だけでは仕事を進めることはできない、周りと協力して仕事をしているという意識を忘れないようにしましょう。他者の力を借りることにより、仕事においても連携が生じ、効率化へとつながってゆきます。

 

ただ、いつも一方的に他者の力を借りているばかりいても良い仕事はできません。バランスが必要です。時に、自らも雑用をこなしたり、他者の仕事を積極的にサポートしてあげましょう。

 

自分が助けてもらったなら、恥ずかしがらずにそれらの人に感謝の言葉を伝えましょう。ちょっとしたお菓子や、ちょっとしたお礼の品をさしあげることも職場での人間関係の潤滑油となり得ます。
さらに、他者の力を借りたとしてももともとできないような無理な仕事は最初から引き受けないようにしましょう。

 

何でもYESマンである必要はないのです。できないことは断る精神的な強さを持ちましょう。

 

仕事に役立つビジネスマインドとメンタルケア

 

仕事に役立つビジネスマインドの一つに、上手にメンタルケアをするという点を挙げることができます。

 

まさにビジネスの現場はストレスで満ちています。最近落ち込みやすくなったとか、以前に比べて怒りっぽくなったと感じるような時は、メンタル面で要注意です。
では、ビジネスの場でのメンタルケア、どのようなことを心がけたら良いのでしょうか。

 

例えば、自分ができていることを自分で確認できるリストを作成してみるのも良いことです。今日1日について、自分で自分を褒めてあげられる事柄を書き込んでみます。自分で自分を承認してあげるというわけです。

 

それを日々続けて行きます。そうすると、一つ一つの承認が日々積み重なって行き、積極的な方向へと思いが向いて自信へとつながって行きます。

 

仕事で失敗してしまうこともあるかもしれません。そんな時には、平常なメンタル状態に戻すのにできるだけ時間をかけないようにしましょう。日頃から、仕事が人生の全てではない、この会社の仕事以外にも、世の中にはたくさんの会社や仕事があるのだなどと考え、気持ちを楽にするようにしてみましょう。

 

仕事のオンとオフをしっかりと切り替えるようにし、オフの時間は、仕事のことを考えないようにして、きちんとリフレッシュの時間を持つことも大切です。

 

有給休暇などを消化しきれないほど溜め込まないことも大切です。自分の好きな事柄のために、意識して有給休暇も使うようにしてみましょう。

 

一度うつ状態などになってしまいますと、回復するまでがとても大変です。長い間医者通いをしたりする必要が生じることもあります。元の状況に戻ることができなくなってしまうかもしれません。薬が合わずに苦労することもあることでしょう。

 

そのような状態にならないためにも、そうなる前にメンタルケアをしてあげるのはとても大切なことです。メンタルケアを過小評価することは決してできません。

 

仕事にも役立つメンタルケア資格の選び方

 

仕事にも役立つメンタルケア資格の選び方ですが、「心理マネジメント系」の資格は仕事に役立ちます。

 

意識して、心理マネジメント系の資格を検討してみることができるでしょう。心理マネジメント系の資格として、ビジネスマネージメントやストレスカウンセラー、メンタル心理インストラクターの資格を挙げることができます。

 

このうち、ビジネスマネージメントとストレスカウンセラーについては後述しますので、ここでは、例えば、3番目の「メンタル心理インストラクター」という資格について、どのように仕事に役立つのか考えてみましょう。

 

メンタル心理インストラクターの資格は、カウンセリングに関する知識をはじめ、チーム医療、地域精神医療、指示的カウンセリングなど、さまざまな知識を十分なレベルまで理解したことを認定する資格となっています。試験の概要としては、例えば、メンタル心理インストラクターの基礎知識、社会復帰を助ける支援制度、予防のための生活改善の分野などが関係してきます。

 

この資格を取得すると、日常生活の中でカウンセリングが必要なほど悩んでいる方や、ストレスから精神疾患を引き起こした患者の方などの話を聞いたり、生活面でアドバイスをしたりすることができるようになります。

 

それで、職場においても仲間や部下の悩みを聞き、その方が抱えている悩みを少しでも緩和させるための対処法などをアドバイスできるようになるでしょう。そのことは、職場の円滑な人間関係の構築にも役立ちます。また、自分自身、学んだ専門知識を役立て、メンタル面でのコントロールをすることができるようになります。

 

メンタル心理インストラクターとしての自身の知名度が上がってゆけば、社内でのセミナーを担当したり、場合によっては、カルチャースクールの講師として活動する道も考えられるでしょう。

 

通信教育の会社で、心理マネジメント系の資格が紹介され、受講できるようになっている場合もあります。通信教育の会社のホームページを見て、選ぶこともできます。

 

仕事に役立つビジネスマインドの一つに、上手にメンタルケアをするという点を挙げることができます。

要点を紹介するキャラクター

 

心理マネジメントに役立つ資格ランキング

 

ビジネスマネージメント

ビジネスマネージメントの特徴

ビジネスマネージメント資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機關です。

このビジネスマネージメント認定試験は、社会人として知っておきたいwin-winの関係や自立するための心理トレーニング方法、人間関係を良好に保つ方法などの各種のメンタル心理トレーニング法を十分に理解した人を認定するための試験です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ビジネスマネージメントの内容
  • 社会人として知っておきたいwin-winの関係
  • 自立するための心理トレーニング方法
  • 人間関係を良好に保つ方法
公式サイトへ

 

ストレスカウンセラー

ストレスカウンセラーの特徴

ストレスカウンセラーの資格について認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会です。

ストレスカウンセラーとは、感情と上手に付き合う方法、心理トレーニングを活用したストレス対処法、現代社会におけるストレス、そしてその原因に対処できるストレスマネジメント能力などの知識を十分理解した人が認定される資格のことです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ストレスカウンセラーの内容
  • 感情と上手に付き合う方法
  • 心理トレーニングを活用したストレス対処法
  • 現代社会におけるストレス、そしてその原因に対処できるストレスマネジメント能力などの知識
公式サイトへ
第1位:ビジネスマネージメント

ビジネスマネージメント資格について認定するのは、日本生活環境支援協会(JLESA)という機關です。
このビジネスマネージメント認定試験は、社会人として知っておきたいwin-winの関係や自立するための心理トレーニング方法、人間関係を良好に保つ方法などの各種のメンタル心理トレーニング法を十分に理解した人を認定するための試験です。「諒設計アーキテクトラーニング」は、このビジネスマネージメント資格を取得するための通信講座を実施しています。

 

自宅でビジネスマネージメント資格と日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催するストレスカウンセラーの資格を取得することが可能となっています。しかも、この講座は、日本生活環境支援協会、日本メディカル心理セラピー協会より、それぞれ指定講座として認められていますので、試験免除で資格が取れるのです。

 

第2位:ストレスカウンセラー

ストレスカウンセラーの資格について認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会です。
ストレスカウンセラーとは、感情と上手に付き合う方法、心理トレーニングを活用したストレス対処法、現代社会におけるストレス、そしてその原因に対処できるストレスマネジメント能力などの知識を十分理解した人が認定される資格のことです。

 

心理トレーニングの知識を活かし、アドバイザーとして活動することができます。通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、ビジネスケア資格の基本コース、プラチナコースが準備されており、ビジネスの場においての心理トレーニング方法、ストレス対処法、人間関係を良好に保つ方法など、ビジネスの現場で求められているケアする技術を学ぶことができます。

 

ストレスカウンセラー資格とビジネスマネージメント資格の2つの資格の取得を目指します。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。

 

やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

一番役立つのは「ビジネスマネジメント資格」

「ビジネスマネージメント資格」は、社会人として人間関係を良好にするために役立ちます
自らが心理マネジメントの方法を習得できる
良好な人間関係を構築

「ビジネスマネージメント資格」は、社会人として人間関係を良好にするために役立ちますので、管理職の方でも、そうでない方でも役立ちます。

 

資格について認定するのは、日本生活環境支援協会という機関です。
ビジネスマネージメント認定試験は在宅受験となっていますので、試験会場では緊張してしまう、本来の力が出し切れない、当日、体調が悪くなってしまったらどうしようなどと心配する必要はありません。落ち着いた環境の中で受験することができます。

 

受講料は10,000円(消費税込み)ですので高額ではありません。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。

 

受験資格も特にありませんので助かります。実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうことでしょう。でも、ビジネスマネージメント資格の取得には実務経験は一切不要です。

 

そのため、例えば、就職を控えている学生の方でも、社会人になる前に気軽にトライすることができるのです。
ビジネスマネージメントの認定試験の申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。

 

「ビジネスマネージメント資格」はなぜオススメなのでしょうか。この資格を取得することによって、自らが心理マネジメントの方法を習得できるので、対人関係の向上につながり、職場の中で今まで以上にさわやかな時を過ごせるようになります。

 

さらに、管理職の方であれば、上司や部下、取引先との人間関係をいかに良好にし、いかにピンチをうまく切り抜けるか、学生の方であれば、就職活動を始める前に人間関係を上手に築くスキルについて学ぶことができるでしょう。

 

職場などで良好な人間関係を構築できれば、その後のキャリアアップにもつながります。さらに、アドバイザーとして、活躍する道も開かれています。

 

ビジネスマネジメントはこちら

 

まとめ

ビジネスの最前線で活躍するためには、ストレスを上手にコントロールし、良好な人間関係を保ちつつ仕事をして行く、そのようなビジネスマインドが必要とされています。そして、仕事の成果をアップさせて行くためには、上手に人を使う、勇気を持って、必要な点はお願いできる人にならなければなりません。他の人にお願いできるメンタルの強さを持つことも必要です。

 

一度うつ状態などになってしまいますと、回復するまでがとても大変です。長い間医者通いをしたりする必要が生じることもあります。元の状況に戻ることができなくなってしまうかもしれません。薬が合わずに苦労することもあることでしょう。そのような状態にならないためにも、そうなる前にメンタルケアをしてあげるのはとても大切なことです。

 

仕事にも役立つメンタルケア資格の選び方ですが、「心理マネジメント系」の資格は仕事に役立ちます。

 

そして、心理マネジメントに役立つ資格として、ビジネスマネージメント資格やストレスカウンセラー資格を挙げられます。ビジネスマネージメント資格は、社会人として知っておきたいwin-winの関係や自立するための心理トレーニング方法、人間関係を良好に保つ方法などの各種のメンタル心理トレーニング法を十分に理解した人を認定するための資格です。

 

ストレスカウンセラーは、感情と上手に付き合う方法、心理トレーニングを活用したストレス対処法、現代社会におけるストレス、そしてその原因に対処できるストレスマネジメント能力などの知識を十分理解した人が認定される資格です。

 

例えば、ビジネスマネージメント資格を取得すれば、その後、アドバイザーとして活躍する道が開かれています。管理職の方であれば、上司や部下、取引先との人間関係をいかに良好にし、いかにピンチをうまく切り抜けるか、学生の方であれば、社会人になる前に人間関係を上手に築くスキルについて学ぶことができます。

 

良好な人間関係を構築できれば、その後のキャリアアップにもつながってゆくことでしょう。通信講座を活用するなら、これらの資格をよりスムーズに取得できるでしょう。

更新履歴