メンタルケアを必要としている人は年々増加している

厚生労働省でメンタル不調が現れる原因を調査した結果、その問題は本人の性格、職場での人間関係、仕事の量、仕事の責任、上司や部下との関係など本人と仕事が原因となっていることが分かりました。メンタルが不調になると、精神また行動に障害がでてしまい、ストレスや不安、心身の健康、生活の質などに影響が及びます。ひどいと自殺にまで及ぶこともあります。

 

そのような症状を少しでも軽減させるために、メンタルケアの専門家が求められています。しかし自分でメンタルケアを学ぶなら、メンタル不調を予防することができます。ではメンタルケアでどのようなことを学ぶことができるのでしょうか?

 

メンタルケアで学べることとは?

メンタルケアを通してその知識とスキルを習得することができます。現代社会が抱えている課題や問題を心理学的視点から幅広く学ぶことにより、社会で活躍することができる基本的な専門知識を学ぶことができます。心の病気は、心だけでなく体のことも学ぶ必要があります。

 

それにより臨床心理として医学的にも正しい心理カウンセリングや心理療法も行うことができるようになります。またカウンセリングの技法からは、精神医科学を体系的に学ぶこともできます。心の健康を取り戻す知識やスキルは現代社会に求められていることです。学んでみるのはいかがでしょうか?

 

メンタルケアを目指してみよう!

ではどのようにメンタルケアを学ぶことができるのでしょうか?通信講座を通して必要となる知識や技術を取得することができます。ビジネスマネジメント資格を取得することができれば、日常生活で自分をメンタルケアすることや自己コントロールすることはもちろん、医療の現場でも医師と患者の架け橋となるメンタルケアの専門家として活かしていくことができるでしょう。

 

まとめ

メンタルケアは資格を目指さなくても学ぶことはできます。心の健康を取り戻すために、または予防するためにその知識やスキルをとりいれているなら、自分が病んだときに自己コントロールをすることができるでしょう。

 

資格を目指すなら通信講座を受講することができます。資格取得後は、今求められているメンタルケアの専門家として活躍することができます。

関連ページ

就職活動を始める方に必須のスキル
就職活動において、第一印象は大きな要素となっています。面接官は仕事に必要となる実務的なスキルよりも、まず基本的なビジネスマナーを第一印象で判断します。ではどのように第一印象をアップさせることができるでしょうか?
メンタルを強くできるスキル
生まれつきメンタルが強い人はいません。しかし周りを見てみるとメンタルが強い人もいれば、弱い人もいます。この差は何なのでしょうか?メンタルが強い・メンタルが弱いの差は、メンタルのスキルを持っているか・持っていないかです。
人付き合いが苦手な人におすすめ
人付き合いで大切なこととされているコミュニケーションは、会話がすべてではありません。表情が豊かなら言葉が少なくても、相手に感情を伝えることができます。人付き合いのひとつである話すことが苦手な方はまず表情から変えてみるのはどうでしょうか?
心理マネジメントで心を強くしよう
仕事をしていく上で、ストレスや不安は誰もが経験することです。計画どおりに、また予定通りに物事が運ばなかったり、ハプニングが生じてしまい先が全く見えなくなってしまったり・・などと不安となる要素はたくさんあります。
職場の人間関係を円滑にできる
ある調査結果によると、職場の悩みの8割は人間関係であることが分かりました。職場の人間関係が円滑にできれば毎日の仕事を楽しく、そして気持ちよく過ごすことができます。
人間関係を改善してキャリアアップしよう
職場に苦手な上司や先輩がいると、知らないうちに自分の意識の中で相手の言いなりになって我慢していることがあります。そのため言いたいことを言うことができずに、自分の中で不満がたまりストレスの原因となってしまいます。
職場の対人関係のストレスをコントロールしよう
職場の対人関係でストレスを感じているなら、それが心身に溜まらないようにバランスのとれた質の良い「睡眠」「食事」「運動」をすることによりストレスをコントロールさせることができます。
ストレスを効率的に解消する方法
運動をすると脳内に”エンドルフィン”という物質が分泌されます。これは脳内麻薬とも呼ばれており、気分を高揚させる作用があります。そのため、運動をするとストレス解消につながります。
ビジネスマネジメントを身につけるまでの費用と期間
ビジネスマネジメントとは、社会人として知っておきたい知識や心理メンタルケア方法、また人間関係を円滑に保つ方法などを理解していることで、それらの知識を有しているならビジネスマネジメント資格を取得することができます。
就職活動・転職活動で生かせるスキル
仕事をする上で欠かすことができない人間関係を良好に築く方法や、さまざまなメンタル心理トレーニング方法も身に着けることができるため、会社の中でアドバイザーとして活躍するチャンスも得ることができます。
接客業でのストレス管理にも役立つ
接客業は、相手とするお客さんにもよりますがストレスがたまるものです。しかしマネジメント力をアップさせるなら、仕事のストレスを上手に管理することができます。どのようにマネジメント力をアップさせることができるのでしょうか?
キャリアアップの手助けになるスキル
ビジネスパーソンとして社会に出て働くためには、ビジネスマナーやそのノウハウを身につけることは必須です。最近はそれに加えて、ストレスケア方法や論理的思考を行うスキルも求められています。
中間管理職でも必須の対人スキル
中間管理職には、組織を円滑に動かしていくために対人関係も円滑にしていく必要があります。そのためには、コミュニケーション能力は必須スキルです。自分の考えや思いを伝えることはもちろん、現場や部下の声や意見をしっかり聞くというヒアリング力も身につけなければいけません。
営業職を目指すなら必須のスキル
分かりやすく論理的な構成で話を組み立てて説明することも必要です。もし早口で難しいワードを使って話すなら、顧客はそのスピードについていくことが全くできません。ですから、顧客のニーズに合わせて話すことができるコミュニケーション能力を身につけることが必須です。
上司によく注意される人に必須のスキル
職場にはよく注意される人とそうでない人がいます。どのような差があるのでしょうか?それには基本的なスキルが不足していることが考えられます。たとえば自己評価が高い人は話を聞かないという傾向があります。
クライアントとのやり取りもスムーズになる
クライアントとのやり取りをスムーズに行うためには、コミュニケーション能力や人間関係を上手に築き上げるスキルが必要です。特に取引を始めたばかりの最初の段階はとても重要で、頻繁にやり取りをして信頼関係を築いていくことが求められます。
情報共有に役立てられるビジネススキル
間関係が関係している場合がよくあります。上司が話づらい人なら部下はコミュニケーションをする気持ちが欠けることでしょう。気軽に情報共有をすることができるためにまず人間関係を見直してみる必要があるかもしれません。
社会人経験が多ければ自然と身につく
スキルは上司として部下に指示や指導を効率よくすることや、部下として上司の指示をしっかり聞くことなど職場の組織を円滑に動かすために欠かすことができないスキルなので、誰もが備えておきたいスキルのひとつとも言えます。
長時間の集中もできるようになる
仕事に集中することができない人にはいくつかの傾向があります。バリバリ働きたい!という気持ちがあっても作業をほとんど進めることができない理由には次のようなことが考えられます。
スタッフやお客さんが安心できる人間になろう
お互いが相手の気持ちを気遣うなら、信頼関係を築くことができます。それにはお互いが相手を思うことが必要です。その気持ちはスタッフ間の中では生み出すことは可能ですが、お客さんとはどのように築くことができるでしょうか?
仕事の負担を分散するビジネスマネジメント
仕事がデキル人の特徴は、部下や同僚に上手に仕事を分担しています。誰がどの程度の仕事をしていて、手が空いているのかを把握していることにより業務を分散することができます。
部署管理にも欠かせないスキル
部署を管理するためには、業務を遂行させていくうえで情報収集能力が求められます。それには社員、経営陣などあらゆる人と関わる必要があるのでコミュニケーション能力も必要となってきます。
ホウレンソウをしっかり身につけよう
ホウレンソウとはビジネスマナーとして欠かすことができない「報連相」つまり、「報告」「連絡」「相談」の略称です。報告とは主に、上司からでた指示や指令に対して、部下がその経過や結果を知らせることです。
学校教育期間でも役立つスキル
これから社会にでる前の段階である学校教育期間でも、ビジネスで役立てることができるスキルを身につけることができます。どのようにビジネススキルを身につけることができるのでしょうか?それはアルバイトを通してです。