心理マネジメントとは?

心理マネジメントとは、メンタルヘルスケアとも呼ばれています。これはストレス社会とも言われている現代社会において、さまざまなプレッシャーやストレスなどの問題を抱えている労働者の心の健康を守ることです。つまり、心・精神の健康状態を指しています。

 

人の心理は、思考や感情といった個人的な特性だけでなく、職場などの社会や経済の影響も大きく受けます。景気が変動したり、雇用形態が複雑化している現代、労働者のストレスは最高度に達しています。そこで心理マネジメント、つまり労働者(社員)の心の健康を守ることが重要視されています。

 

心理マネジメントでできることとは?

各企業が心理マネジメントをすることにより、社員の心の健康を適切に保つことができます。そしてそれは仕事に対してやりがいを持ち、いきいきと働くことができる環境や雰囲気作りにもプラスされます。やりがいを持つことができるなら、社員同士の貢献度が強くなり、企業の活性化とつながり、最終的には社会へと還元することができます。

 

もし心が不安定な状態で仕事をするなら、仕事に集中することはできませんし、細かなミス、あるいは大きな事故を引き起こしてしまう可能性もあります。それは生産性の低下や事故発生の増加となり職場の環境は悪化するばかりです。このような状態を避けるためにも、心理マネジメントにより社員の心を守ることはとても重要なのです。

 

「ストレスチェック制度」

労働者の心の健康を守るために国は「ストレスチェック制度」というストレスチェックの実施を義務付ける制度を創設しました。これにより各企業や事業所は労働者に対して、心理的な負担を把握することができるようになります。

 

これにより社員や管理職など各フェーズにあった心理マネジメントに関する教育や、自分のストレスの状態をセルフチェックすることが大切なものとみなされています。このように心理マネジメントをすることにより、ストレスの要因となるものを減らし、心の健康を守ることができるので、それは心身の健康を維持することへとつながっていきます。

 

まとめ

心理マネジメント、つまりメンタルヘルスケアをすることにより、さまざまなプレッシャーやストレスなどから心と精神の健康状態を守ることができます。健康な心と精神状態で仕事に取り組むことができるなら企業の活性化となり社会に貢献することができます。

 

しかし心が病んでいるなら仕事にも支障がでてきて悪化する一方です。ですから、心理マネジメントで心の病を回復させることはとても大切です。

関連ページ

ビジネスに役立つ人間力を磨こう
簡単に一言でまとめるとすれば、他の人たちと上手にコミュニケーションをとり、信頼できる人間関係を築くことがビジネスに役立つ人間力と言えます。ではどのようにこの能力に磨きをかけることができるでしょうか?
ビジネスマネジメント資格をとるには
ビジネスのシーンで必要な資格はさまざまなものが存在しています。資格に必要な能力は、社会人として働きだしてからでも自然と身につくことができるスキルもありますが、資格として取得しているなら会社で重宝されます。
ビジネスマネジメント資格でできること
多くの企業でビジネスマネジメント資格は求められている資格のひとつとなっています。その中でも「ビジネスマネジメント認定試験」と「ストレスケアマネジメント」が多くのビジネスパーソンに人気となっています。
ストレスマネジメントとは
ストレスとはみなさんもご存知の通り、緊張や不安、イライラすることなどの精神的圧迫のことで、外部から与えられる心に与える悪い刺激のことです。このストレスは持続させればさせるほど心身のエネルギーを消耗します。