「ストレスマネジメント」とは?

ストレスとはみなさんもご存知の通り、緊張や不安、イライラすることなどの精神的圧迫のことで、外部から与えられる心に与える悪い刺激のことです。このストレスは持続させればさせるほど心身のエネルギーを消耗します。この意味を考慮にいれ「ストレスマネジメント」とは、エネルギーを節約しながら、自分の行いたい目的のために最大限にエネルギーを使用することを意味しています。

 

つまり、自分のエネルギーを有効活用すること、ストレスト上手な付き合い方を考えストレスを適切に処理していくことがストレスマネジメントです。ではどのようにストレスをエネルギー源へと変えることができるでしょうか?

 

ストレスをエネルギー源に変える方法とは?

ストレスは人間が活動する時のエネルギー源と言われているように、対処の仕方次第でストレスをエネルギー源として活用することができます。どのようにでしょうか?まず嫌なことや失敗したことなどは忘れることが大切です。いくら考えても解決することができない問題は、時間が解決する!と割り切って考えるようにしましょう。また嫌なことを上手にプラスへと転化していくことも必要です。

 

たとえばストレスを自分の胸の中にため込まないでだれかに話して吐き出したり、何も考えずに運動したり、あるいはテレビを見て大笑いするなどしてストレスを転化させることができるでしょう。自分が元気になる方法は人それぞれ異なっていますので、自分の気分転換法を探してみることをおススメします。

 

ストレスは体にどうして悪い?

ストレスが長い期間体に加わると、自律神経やホルモンのバランスが崩れます。そして身体がそれに適応することができず体調を崩してしまいます。たとえば心臓や血管に障害がではじめ、頭痛や腹痛、倦怠感などの症状が現れます。

 

また高血圧や心筋梗塞などの循環器系の病気や、胃潰瘍などの消化器系の病気、うつ病などの精神的な病気、不眠症などの症状も現れます。身体と精神面での病気が発生する可能性が高いので、ストレスは溜めこまないで上手に発散することがとても大切です

 

まとめ

ストレスマネジメントとは、ストレスが体に与える心身のエネルギーを節約するために、ストレスとの上手な付き合い方を考えて適切に対処することにより、ストレスをエネルギー源へと変えていくことです。

 

そうすることにより、心身の健康をストレスがもたらす悪影響から守ることができます。

関連ページ

ビジネスに役立つ人間力を磨こう
簡単に一言でまとめるとすれば、他の人たちと上手にコミュニケーションをとり、信頼できる人間関係を築くことがビジネスに役立つ人間力と言えます。ではどのようにこの能力に磨きをかけることができるでしょうか?
ビジネスマネジメント資格をとるには
ビジネスのシーンで必要な資格はさまざまなものが存在しています。資格に必要な能力は、社会人として働きだしてからでも自然と身につくことができるスキルもありますが、資格として取得しているなら会社で重宝されます。
ビジネスマネジメント資格でできること
多くの企業でビジネスマネジメント資格は求められている資格のひとつとなっています。その中でも「ビジネスマネジメント認定試験」と「ストレスケアマネジメント」が多くのビジネスパーソンに人気となっています。
心理マネジメントでできること
心理マネジメントとは、メンタルヘルスケアとも呼ばれています。これはストレス社会とも言われている現代社会において、さまざまなプレッシャーやストレスなどの問題を抱えている労働者の心の健康を守ることです。